「LibreOffice」のインストール方法と具体的な手順

「LibreOffice」のインストール方法と具体的な手順

こんにちは。ネットショップコンサルタントの「たぶ」です。

今日はちょっと趣向を変えて、Office系アプリケーションの「LibreOffice」について書いていこうと思います。

ネットショップの運営をしている会社さんから、たまにこんな質問をいただきます。

たぶくん
「LibreOffice」って聞いたことがあるんですけど、なんですか?

「LibreOffice」は一言で言うと、「Office系アプリケーション」

イメージで言うと、無料で使える「Microsoft Office」みたいなものですね。

パソコンに「Microsoft Office」を入れていない人やMacユーザーの方は、「LibreOffice」を使っている人も多いみたいです。

今回は、『「LibreOffice」のインストール方法と具体的な手順』というテーマで、「LibreOffice」のインストール方法と具体的な手順をご紹介します。

初めて「LibreOffice」を触る方にも分かりやすいように、画像つきで解説していきますね。

「LibreOfficeとは」についても詳しく説明したいと思いますので、ぜひ参考に「LibreOffice」をインストールして活用してくださいね!




「LibreOffice」とは

「LibreOffice」とは

「LibreOffice」「リブレオフィス」と読み、WindowsやMacで使えるOffice系のアプリケーションが一式入ったソフトウェアです。

フリーのソフトウェアなので、無料でダウンロードして、使用や再配布することができます。

「Microsoft」が出している「Microsoft Office」とも互換性があるため、かなり使いやすいソフトウェアになっています。

「LibreOffice」に入っているアプリケーションは、

アイコン 名称 用途 「Microsoft Office」だと
LibreOfficeWriter Writer ワードプロセッサ Word
LibreOfficeCalc Calc 表計算ソフト Excel
LibreOfficeImpress Impress プレゼンテーションソフト PowerPoint
LibreOfficeDraw Draw ドローイングソフト
LibreOfficeBase Base データベース Access
LibreOfficeMath Math 数式エディタ

ほぼほぼ「Microsoft Office」でできることは全てできると思っておいて間違いありません。

しかも、「ドローイングソフト」「数式エディタ」がついている分、「Microsoft Office」よりやれることは多いと思います。

「LibreOffice」を開発しているのは、「The Document Foundation」という非営利団体。

もともとはサン・マイクロシステムズが開発していた「OpenOffice」というソフトウェアが、大人の事情から派生してできたものが「LibreOffice」というわけです。

なので、「OpenOffice」「LibreOffice」は兄弟のようなもので、かなり似ています。

「OpenOffice」については、後日詳細を書きますね。

「LibreOffice」はオープンソースのソフトウェアなので、技術力さえあれば開発に加わることも可能です。

「LibreOffice」はISOにも認証されている「OpenDocument」というフォーマット(ODF)を使用しています。

「ODF」というフォーマットを使用することで、いろいろなパソコンやOS(オペレーティングシステム)で使うことができます。
※「OS」とはWindows10やMacOSXなどのパソコンを使いやすくするソフトウェアのこと。

「ODF」を使ってファイルを保存すると、以下のような拡張子で保存されます。

拡張子 内容
.odt 文章
.ods 表計算
.odp プレゼンテーション
.odg イラストやグラフィック

「LibreOffice」「環境を選ばないOffice系のアプリケーション一式」ということです。

それでは、「LibreOffice」のダウンロード方法を見ていきましょう。




Windowsで「LibreOffice」をインストールする手順

Windowsで「LibreOffice」をインストールする手順

それではまず、Windowsで「LibreOffice」をインストールする手順をご説明します。

使用するOS(オペレーティング・システム)によって、ダウンロードするページが違いますので、お気をつけください。

Windowsで使用する「LibreOffice」をダウンロード

まず、「LibreOffice公式サイト」から、「LibreOffice」のインストールに必要なプログラムファイルをダウンロードします。

LibreOffice公式サイト

【LibreOffice公式サイト】

1.上部メニューにある「ダウンロード」ボタンをクリック。

LibreOffice「ダウンロード」ボタンをクリック

2.ドロップダウンメニューの中から「LibreOffice最新版」ボタンをクリック。

「LibreOffice最新版」ボタンをクリック

3.「LibreOffice最新版」ダウンロードページで「ダウンロードバージョン○.○.○」ボタンをクリック。その際、下線部の表記が「Windows」の表記になっていることを確認。

LibreOfficeダウンロードバージョン○.○.○ボタンをクリック

この画面が表示されますが、「LibreOffice」はすでにダウンロードされているので、閉じてしまって大丈夫です。

LibreOfficeダウンロード完了画面

違うOSで「LibreOffice」をインストールする場合は、少し下にある「オペレーティング・システム」から使用するOSを選ぶ。

少し下にある「オペレーティング・システム」から使用するOSを選ぶ

これで、「LibreOffice最新版」のダウンロードは完了です。

「LibreOffice」をWindowsにインストール

次に、「LibreOffice」をWindowsにインストールする手順をご説明します。

4.「ダウンロードフォルダ」にある「LibreOffice_○.○.○_Win_x64.msi」というファイルをクリック。

「LibreOffice_○.○.○_Win_x64.msi」というファイルをクリック

5.「ユーザーアカウント制御」と表示され、パスワードを求められるのでパソコンのパスワードを入力。

6.「LibreOffice_○.○.○のインストールウィザード」が表示されるので、「次へ」をクリック。

「LibreOffice_○.○.○のインストールウィザード」が表示されるので、「次へ」をクリック

7.「セットアップの種類」が表示されるので、「標準」を選んで「次へ」ボタンをクリック。

「標準」を選んで「次へ」をクリック

8.「プログラムインストールの準備完了」画面が表示されるので、「デスクトップ上にスタートリンクを作成」にチェックを入れ、「インストール」ボタンをクリック。

「デスクトップ上にスタートリンクを作成」にチェックを入れ「インストール」ボタンをクリック

9.「LibreOffice」のインストールが始まります。

「LibreOffice」のインストールが始まります

10.「インストールウィザードが完了しました」ページが表示されるので、「完了」ボタンをクリック。

「インストールウィザードが完了しました」ページが表示されるので、「完了」ボタンをクリック

これで、Windowsへの「LibreOffice」のインストールは完了です。

LibreOfficeデスクトップアイコン

【LibreOfficeのスタート画面】

LibreOfficeスタート画面

「LibreOffice」組み込みヘルプのインストール

Windowsでは「LibreOffice」に日本語のヘルプをインストールして組み込むことができます。

次は「LibreOffice」の組み込みヘルプのインストール手順をご説明します。

1.上記3番の「LibreOffice最新版」ダウンロードページで「オンラインで使えるヘルプ」ボタンをクリック。

「LibreOffice最新版」ダウンロードページで「「オンラインで使えるヘルプ」ボタンをクリック

2.「ダウンロードフォルダ」にある「LibreOffice_○.○.○_Win_x64_helppack_ja.msi」というファイルをクリック。

「LibreOffice_○.○.○_Win_x64_helppack_ja.msi」というファイルをクリック

3.「ユーザーアカウント制御」が表示された場合、パソコンのパスワードを入力。

4.「LibreOffice_○.○ Help Pack(Japanese)のインストールウィザード」が表示されるので、「次へ」をクリック。

「LibreOffice_○.○ Help Pack(Japanese)のインストールウィザード」が表示されるので、「次へ」をクリック

5.「出力先フォルダーをチェックしてください。」と表示されるので、問題なければ「「次へ」ボタンをクリック。

「出力先フォルダーをチェックしてください。」と表示されるので、問題なければ「「次へ」ボタンをクリック

6.「プログラムインストールの準備完了」画面が表示されるので、「インストール」ボタンをクリック。

「プログラムインストールの準備完了」画面が表示されるので、「インストール」ボタンをクリック

7.「インストールウィザードが完了しました」ページが表示されるので、「完了」ボタンをクリック。

「インストールウィザードが完了しました

これで「LibreOffice」組み込みヘルプのインストールが完了です。

以上で、Windowsの「LibreOffice」のインストールは完了です。お疲れ様でした!

次に、Mac版「LibreOffice」のインストール手順をご説明します。

Macで「LibreOffice」をインストールする手順

Macで「LibreOffice」をインストールする手順

それでは次に、Macで「LibreOffice」をインストールする手順をご説明します。

Mac専用のダウンロードページがありますので、そちらからダウンロードを行なってください。

Macで使用する「LibreOffice」をダウンロード

Windowsと同様、「LibreOffice公式サイト」から、「LibreOffice」のインストールに必要なプログラムファイルをダウンロードします。

Macから入ったLibreOffice公式サイト

【LibreOffice公式サイト】

1.上部メニューにある「ダウンロード」ボタンをクリック。

上部にあるLibreOffice「ダウンロード」ボタンをクリック

2.ドロップダウンメニューの中から「LibreOffice最新版」ボタンをクリック。

<img src=

3.「LibreOffice最新版」ダウンロードページで「ダウンロードバージョン○.○.○」ボタンをクリック。その際、下線部の表記が「Mac」の表記になっていることを確認。

Mac用「LibreOffice」をダウンロード

こんな画面が表示されると思いますが、すでに「LibreOffice」はダウンロードされているので、閉じてしまって大丈夫です。

この画面はスルー

Windowsなどの違うOSが表示されている場合は、少し下にある「オペレーティング・システム」から使用するOSを選ぶ。

違うOSが表示されている場合は使用するOSを選ぶ

これで、Macへの「LibreOffice最新版」のダウンロードは完了です。

「LibreOffice」をMacにインストール

次に、「LibreOffice」をMacにインストールする手順をご説明します。

4.「ダウンロードフォルダ」にある「LibreOffice_○.○.○_MacOS_x86-64.dmg」というファイルをクリック。

「LibreOffice_○.○.○_MacOS_x86-64.dmg」というファイルをクリック

5.『”LibreOffice_○.○.○_MacOS_x86-64.dmg”を開いています』という表示がされます。

「LibreOffice_○.○.○_MacOS_x86-64.dmg」を開いています

6.「LibreOffice」のセットアップ画面が表示されるので、「LibreOffice」アイコンを「アプリケーションフォルダ」にドラッグ&ドロップ。

「LibreOffice」アイコンを「アプリケーションフォルダ」にドラッグ&ドロップ

7.『”LibreOffice”を”アプリケーション”にコピー中』と表示されます。

「LibreOffice

これで、Macへの「LibreOffice」のインストールは完了です。

8.アプリケーションフォルダに「LibreOffice」のアイコンが入っているので、クリックして起動してください。

Macの「LibreOffice」アイコン

9.「App Store」からダウンロードしていないので警告文が表示されますが、そのまま「開く」ボタンをクリック。

警告文が表示されるので、「開く」ボタンをクリック

【LibreOfficeのスタート画面】

Mac版LibreOfficeスタート画面(英語表記)

これで「LibreOffice」のスタート画面が表示されましたが、表記が英語です。

日本語表記にするためには、「LibreOffice」の言語パックをインストールしなくてはいけません。

次に、「LibreOffice」言語パックのインストール方法をご説明します。

「LibreOffice」言語パックのインストール

Macでは、「LibreOffice」を日本表記にするためには言語パックをインストールしないといけません。

それでは「LibreOffice」の言語パックのインストール手順をご説明します。

1.上記3番の「LibreOffice最新版」ダウンロードページで「翻訳されたユーザーインターフェース」ボタンをクリック。

「LibreOffice最新版」ダウンロードページで「翻訳されたユーザーインターフェース」ボタンをクリック

2.「ダウンロードフォルダ」にある「LibreOffice_○.○.○_MacOS_x86-64_langpack_ja.dmg」というファイルをクリック。

「LibreOffice_○.○.○_MacOS_x86-64_langpack_ja.dmg」というファイルをクリック

3.「LibreOffice Language Pack」をクリック。

「LibreOffice Language Pack」をクリック

4.警告文が表示されますが、そのまま「開く」ボタンをクリック。

「開く」ボタンをクリック

6.「LibreOffice Language Pack」インストールウィザードが表示されるので、「インストール」ボタンをクリック。

「LibreOffice Language Pack」インストールウィザードが表示されるので、「インストール」ボタンをクリック

7.『「LibreOffice Language Pack」言語パックのインストールが完了しました』ページが表示されるので、「完了」ボタンをクリック。

『「LibreOffice Language Pack」言語パックのインストールが完了しました』ページが表示されるので、「完了」ボタンをクリック

これで「LibreOffice」言語パックのインストールが完了です。

再度「LibreOffice」を開くと、日本語表記に変わっていると思います。

Mac版「LibreOffice」のインストール完了

以上で、Macの「LibreOffice」のインストールは完了です。お疲れ様でした!

「LibreOffice」のダウンロードファイル削除と「Finder」の「デバイス」にある「LibreOffice」関連ファイルの解除をしておくといいかもしれません。

「LibreOffice」関連ファイルの解除

「LibreOffice」言語パックをインストールしたのに日本語表記されない場合

「LibreOffice」言語パックをインストールしたのに日本語表記されない場合、次の操作をしてみてください。

1.「LibreOffice」画面でメニューバーの「LibreOffice」をクリック。

メニューバーの「LibreOffice」をクリック

2.ドロップダウンメニューから「設定」をクリック。

ドロップダウンメニューから「設定」をクリック

3.ポップアップの「言語設定」をクリック。

ポップアップの「言語設定」をクリック

4.赤枠の部分がすべて「日本語」になっていることを確認。

赤枠の部分がすべて「日本語」になっていることを確認

以上です。もしそれでも「LibreOffice」が日本語にならない場合は、お気軽にご連絡ください。




まとめ

今回は『「LibreOffice」のインストール方法と具体的な手順』というテーマでお送りしてきました。

「LibreOffice」はうまくインストールできましたでしょうか?

「LibreOffice」は比較的簡単にインストールできると思います。

「LibreOffice」「環境を選ばないOffice系のアプリケーション一式」です。

「LibreOffice」についている機能は、

  • ワードプロセッサ
  • 表計算
  • プレゼンテーション
  • ドローイング
  • データベース操作
  • 数式エディタ

の6つでした。

「LibreOffice」のインストールはWindowsとMacでは少し違い、Macに「LibreOffice」をインストールする際は「言語パック」もインストールする必要があります。

「LibreOffice」のインストールについて他にも気になることがありましたら、下のコメントかお問い合わせにご連絡ください。

ぜひ「LibreOffice」を活用して、仕事を効率よく進めてくださいね!

以上、ネットショップコンサルタントの「たぶ」でした。

こちらの記事もおすすめです。

EC-CUBE3の インストール方法と具体的な手順

EC-CUBE3のインストール方法と具体的な手順【2019年版】

2018年7月3日
ネットショップで売上を上げるたった1つの方法

ネットショップで売上を上げるたった1つの方法

2018年6月16日

ABOUTこの記事をかいた人

通称:たぶ
30代中頃、東京都在住。
ネットショップコンサルタント。
EC-CUBE、ASP、ショッピングモールなど各種ネットショップでの売上UPが得意。
アパレル系のネットショップの売上を4倍に増やし、月商900万円、年商1億円を達成。
ネットショップ運営の数なら誰にも負けません。
最近、ポメラニアンが気になる。
炊きたての白米が何もよりも好き。