ネットショップで売上を上げるたった1つの方法

ネットショップで売上を上げるたった1つの方法

こんにちは。ネットショップコンサルタントの「たぶ」(@yusuke_tanaka34)です。
ネットショップ運営にお困りの方のお力になれるよう、今日も頑張っていきます。

今日のテーマは「ネットショップで売上を上げるたった1つの方法」
もはやネットショップを運営する上での、究極のテーマです。(笑)

ネットショップを運営していて、こんな悩みにぶち当たりませんか?

たぶくん
ネットショップ運営しているんですが、全然売上が伸びません。

そこで今回は、ネットショップを運営している人に、たった1つの売上を上げる方法をお話しますね。




ネットショップで売上を上げるたった1つの方法

ネットショップで売上を上げよう

ネットショップで売上を上げる方法はごくごくシンプルなんです。
結論から言っちゃいますと、

  1. 商品を増やすこと。
  2. 集客をしてお客さんを呼んでくること。

この2つにつきます。
たぶん、拍子抜けしちゃった方もいるかと思います。

ネットショップで売上を上げるためのテクニックは巷にたくさん溢れています。
でも、本質はこの2つ。

数多くのネットショップ運営を手がけてきて、「売上が上がるネットショップ」と「売上が下がるネットショップ」の差は、この2つを忠実にやり続けられるかどうかということが分かりました。

この後は、実際にどうやってネットショップを運営していけばいいか、具体的な部分を説明していきますね。

ネットショップをやる目的

あなたがネットショップを運営する目的は何ですか?

究極な話、ネットショップを運営する目的はただ1つ、

「ネットショップで売上を上げるため」

だと思うんです。
もちろん他にも理由はあると思います。

でも、どんな理由も最終的には「ネットショップで売上を上げるため」に繋がっていきます。

たとえば、

  • お店を多くの人に知ってもらいたいため
  • ブランドの世界観をネットショップで表現したいため
  • 全国のお客さんに商品を届けたいため

こういった言葉をよく聞きます。
でも、これって全部ネットショップの売上を上げるためですよね。

まずは、ここで覚悟を決めていただきたい。
「ネットショップで売上を上げる。」

ネットショップを運営している人達は、みんな必死で頑張っています。
その中で、1歩でもリードするためには、できない理由を探していては、抜け出すことはできません。

日々、ネットショップの運営に追われていると、だんだんとこの目的から脱線していってしまうんです。
取引先の会社さんもそうです。どんどんこだわってこだわって、「ネットショップの売上を上げる。」という目的から、ずれていってしまうんです。

ここで「ネットショップで絶対に売上を上げる。」という覚悟を決めて、取り組んでください。
そして、この目標を常に頭の片隅に置いて、ネットショップ運営を続けていってほしいと思います。

ネットショップの売上を上げる具体的な方法

次に「じゃあ、ネットショップの売上を上げるためにどうすればいいの?」というご質問をよくいただきます。

もう一度繰り返しますが、ネットショップで売上を上げる方法はシンプルです。

  1. 商品を増やすこと。
  2. 集客をしてお客さんを呼んでくること。

ネットショップで売上を上げるために、この2つを徹底して繰り返してください。

ネットショップのデザイン、特集ページ、季節ごとの企画、キャンペーン…
他のことは全て後回しで大丈夫です。

ネットショップのデザインがダサくても、欲しい商品があれば、お客さんは買います。
ネクリスマスの特設ページがなくても、欲しい商品があれば、お客さんは買います。

とにかく、ネットショップでお客さんが欲しいと思っている商品を販売することが大事。
そして、欲しいと思っているお客さんに、自分のネットショップで売っているということをアピールすることが大事なんです。

目的は「ネットショップで売上を上げること」ですよね?
ネットショップをかっこよく(かわいく)することでも、ネットショップのコンテンツを充実させることでもないはずです。

ネットショップで売上を上げるために、この2つを徹底して実践していってください。




ネットショップの売上を上げるための具体的な方法

ネットショップの売上を上げるための具体的な方法とは

ネットショップに必要な「商品を増やすこと」

ネットショップで商品を売るには、2つの方法があります。

  1. ネットショップに商品の数を増やし、対象となるお客様の入り口を増やす方法
  2. 少ない商品を丁寧に説明し、購買意欲を最大限まで高め、購買率を上げる方法

もちろん2も有効な手段ですが、商品力にかなり自信と実績があるネットショップやWebライティングのノウハウがあり、コンテンツ制作が得意なネットショップなどに向いている方法です。

だいたい売上が上がらないネットショップは1も2もどっちにも中途半端で、振り切れていない・方針が固まっていないネットショップばかりです。

「商品は増やせないけど、ランディングページを作るほど頑張れない。」

これでは、ネットショップの売上はあげられません。

ネットショップに商品を増やすとなぜ売上が上がるのか

これは、GoogleやYahoo!の検索エンジン、またはInstgramやTwitterなどのSNSの仕組みが、ネットショップに商品が多い方が有利なようにできているからです。

たとえば、あなたは「おしゃれなテーブルが欲しいなぁ。」と思ったら、どんな風に検索しますか?

  • GoogleやYahoo!の検索システムでキーワードを打ち込んで検索する
  • InstgramやTwitterなどのSNSでハッシュタグをクリックして検索する

などが考えられると思います。

検索エンジンの仕組みについての詳細は今後説明していきますが、検索エンジンはそのキーワードが多いネットショップ(サイト)を上位に表示しやすい仕組みになっています。

(だからと言って、ページ内に「テーブル、テーブル、テーブル…」とキーワードを羅列すると、悪質なネットショップ(サイト)として検索結果に表示されなくなりますが…)

たとえば、Googleで「テーブル」と検索してみてください。

  1. ニトリ
  2. LOWYA
  3. 楽天
  4. ディノス
  5. ベルメゾン

と続いています。(2018年6月現在)
ネットショップにある「テーブル」という商品の商品数(ページ数)・キーワード数と検索結果がほぼ比例しています。(上位5件がネットショップというのも面白いですね。)

商品数だけで検索順位が決まっている訳ではありませんが、ネットショップに商品数が多いことは、検索結果に大きく影響してきます。

また、ネットショップの来客数(ネットショップを見てくれるお客さんが多いこと)も検索上位に上がってくる要素の1つです。

商品数が多い→検索上位に表示されやすい→お客さんがたくさん入ってくる→より検索上位に表示される→お客さんがより多く入ってくる

ネットショップに商品数を増やすことで、上記のような好循環が生まれるのです。

ネットショップに商品を増やすために

ネットショップを運営していて、「商品を増やしてください。」というと、こういった返答がされます。

  • こういうコンセプトのネットショップなので、これ以上は商品を増やせません。
  • ブランドのイメージがあるので、これ以上は商品を増やせません。
  • メーカーなので、これ以上は商品を増やせません。

それならば、ネットショップの売上の増加は諦めてください。
できないならできない中で、どうすればネットショップに商品を増やせるか、本気で考えましょう。

方法としては、

  • ネットショップのコンセプトをもっと包括的なものに変更し、コンセプトから外れないように商品を増やす。
  • ブランドのイメージの中で商品が増やせないか考える。現在の商品を派生させる。
  • 新しい商品を開発する。または、OEMを依頼する。

などが考えられます。
自分の会社で新しい商品を作ることができないなら、他の会社から仕入れればいいんです。

利益率が問題なら、中古を買い取ってネットショップで販売することだって可能です。(古物商の許可が必要ですが。)

本気で考えれば、ネットショップに商品を増やす方法は出てくるはずです。

真剣にネットショップに商品を増やす方法を考えてください。

ネットショップに必要な「集客をしてお客さんを呼んでくること。」

ネットショップに商品をある程度増やすことができたら、次に必要なのは「集客をしてネットショップにお客さんを呼んでくること。」

ここが抜けている会社やネットショップの運営担当者がとっても多いです。

ネットショップでは、お店の前をふらっと通りかかって、「お店の雰囲気がいいから、入ってみよう。」ということはありえないので、かならずどこかから集客をしてくる必要があります。

ネットショップを開いただけだと、無人島にお店を開いたのと同じような状態です。

そこで、集客をしなければいけない。

あなたなら、どんな方法でネットショップに集客をしますか?

集客をするとなぜネットショップの売上が上がるのか

逆にいうと、集客をせずにどうやってお客さんに買ってもらうのかという話です。

たとえば、通常の2倍の飛距離が出るゴルフクラブを開発できたとしましょう。
「やった!こんないい商品なら、何もしなくても商品が飛ぶように売れる!」と思ったら、大間違いです。

どんなに商品が良くても、お客様に見てもらわなければ、商品は売れません。
ネットショップに集客をしないということは、先ほども出てきたように、無人島で通常の2倍の飛距離が出るゴルフクラブを売っているようなものです。

僕ならむしろ食料が欲しい…(笑)

そこまで、圧倒的な商品力がなくても、上手にプロモーションができれば、ネットショップで商品は売れます。

極端な例でいうと、たとえば「金箔を貼って煌びやかにしたゴルフクラブ」。(実際にそういう商品はありません。)

普通の人は欲しいと思わない商品ですが、お金持ちの人なら欲しいかもしれないですし、金色が大好きな人なら欲しいかもしれない。

そういう人の目に触れるようにプロモーションをしていきます。
「数打ちゃ当たる」じゃないですけど、そうすることで少しでも欲しいと思う可能性がある人にアプローチしていきます。

そうすれば、一定の確率でお客様は購入してくれるんです。

ネットショップに集客をしてお客さんを呼んでくるために

じゃあ、実際ネットショップに集客するために、何をすればいいんでしょうか?

単純にいうと、どんな方法でもいいので、情報発信をします。

具体的な方法としては、

  • 広告を出す
  • SNSで発信
  • オウンドメディアやブログで発信

などが考えられます。
他にも細かい方法はありますが、ネットショップ集客の王道はこの3つ。

楽天やAmazonくらい大きなネットショップでない限りは、「テレビやラジオ・雑誌などに広告を出稿する」はおすすめできません。(まったく効果がない訳ではありませんが…)

ネットショップで集客する具体的な方法は、後日書いていこうと思います。

様々な会社のネットショップを運営していて思うのは、本当に多くの会社やネットショップが「先行投資をしない」ということ。

実際に広告の出稿やSNSでの発信、地道にブログやオウンドメディアで発信している会社やネットショップは売上が伸びています。

これは数字として出ているので、間違いない事実です。

だったらやらない手はないですよね。




まとめ

「ネットショップで売上をあげたい。」と本気で思っているなら、徹底して以下2点を実践してください。
それと、「ネットショップで売上を上げる」という目的を見失わないこと。

  1. 商品数をできる限り増やすこと
  2. いろいろな方法でお客さんを呼んでくること

何度も繰り返しますが、この2点を地道に実践してけば、ネットショップの売上は必ず上がります。
どちらか片方だけではダメです。両方をバランスよくやっていくことが、ネットショップで売上を上げるための秘訣です。

ということで、シンプルに考えて、一緒にネットショップの売上をあげていきましょう!

ネットショップに関して、気になることや分からないことがありましたら、お問い合わせまでお気軽にご連絡くださいね。

以上、ネットショップコンサルタントの「たぶ」でした。

こちらの記事もおすすめです。

送料は安い方がいい?ネットショップでおすすめの配送方法6選

送料は安い方がいい?ネットショップでおすすめの配送方法6選

2019年8月19日
ネットショップの売上が上がらない2つの方法

ネットショップの売上が上がらない2つの失敗例

2018年6月20日
ネットショップを運営する上で大切にしたい4つの数字とは

ネットショップを運営する上で大切にしたい4つの数字

2018年6月19日

ABOUTこの記事をかいた人

通称:たぶ
30代中頃、東京都在住。
ネットショップコンサルタント。
EC-CUBE、ASP、ショッピングモールなど各種ネットショップでの売上UPが得意。
アパレル系のネットショップの売上を4倍に増やし、月商900万円、年商1億円を達成。
ネットショップ運営の数なら誰にも負けません。
最近、ポメラニアンが気になる。
炊きたての白米が何もよりも好き。